アニメごろごろ

楽しんで頂けたらツイートなどしてもらえると喜びます。

「アイカツフレンズ」憧れの人と混ざり強くなる友希あいね

皆に愛される友希あいね友愛を万人に向けられる友希あいね。彼女は公式サイトに「優しい心を持つ」と書かれるだけあって、悲しい目に遭った白百合姉妹やココを見て涙を流すなど、歴代の主人公と比べても飛び抜けて優しいアイドルでした。 それまでの主人公の…

「アイカツスターズ」如月ツバサと白鳥ひめの交わる道

新たな道を探した如月ツバサ 努力しても勝てない、好きな人に振り向いて貰えない。願った夢が叶わないとしても、それでも前に進もうとする人の物語が魅力的な「アイカツスターズ」。 その作品性が色濃く出ていたアイドルが、ローラとあこの師と呼べる如月ツ…

「アイカツスターズ」花を育てる太陽エルザフォルテ

エルザ「勝ちなさい、以上。」 モナコ公国の王女であり、アイドル学校のオーナーであり、著名なデザイナーであり、ハリウッド映画の主演女優でもあるエルザフォルテ。 「アイカツオンパレード」のトップアイドル組の中では、仕事中に失踪も遅刻も乱入も無茶…

「アイカツ」未来向きの今を大空あかりに見せる瀬名翼

瀬名「大空と初めて会ったのは…そうだ、あの時もいきなり現れて。」 瀬名翼が進む道の途中、急に現れた大空あかり。デザイナーにアイドルと立場は違えど、エンジェリーシュガーの天羽あすかと星宮いちごの背中を追いかける2人のドリーマー。 本稿では同じ道…

「アイカツフレンズ」6cmより上の景色に辿り着くクールでストイックな湊みお

あおい+ローラ=みお 1月6日の色の日に生まれたマテリアルカラーの湊みお。熱狂的なラブミーティアのファンという奇抜独特な姿が取り上げられがちですが、頭脳を駆使してトップアイドルの座を手に入れた努力家の主人公でもあります。 過去作品の主人公で…

「アイカツスターズ」未来に向かってテイクオフする香澄姉妹

S4の中で誰より早く世界に挑戦した香澄夜空。同期の中で最も早く星のツバサを手に入れた香澄真昼。 あまりの顔の良さと仲の良さに目を奪われてしまいますが、彼女達は「アイカツスターズ」において向上心が特に強いアイドルでもあります。 本稿ではそのよ…

「アイカツフレンズ」明日香ミライが好き好き大好き

新しさを探し求める明日香ミライ。その身長はあの神崎美月と全く変わらない165cm、そのフォロワー数はインスタグラムで日本一となる渡辺直美さんと肩を並べるトップアイドル。 今まで彼女の人柄に惹かれていながら、その魅力を上手に言い表せずにいたので…

セリフ検索から見えてくる「アイカツ」の世界

バンダイチャンネルに追加されたセリフ検索(ベータ版)は、検索したワードが使われた話数と時間を表示する便利機能であり、有料会員の場合はワードが使われるシーンから直ぐ様に再生可能。嬉しい事に「アイカツ」にも対応していたので、早速この機能を用いて…

「アイカツフレンズ」死でも分かたれることのない愛を誓うアイビリーブ

太陽と芸術の神アポロンをモチーフにしているであろう天翔ひびき。詩歌や音楽を愛するアポロンらしく彼女の特技は楽器を奏でること、歌を歌うこと、そして趣味は美術館を巡ること。 美術館が好きな設定に表れているように、ひびきは芸術的で美しいものを愛す…

「アイカツスターズ」どうして芦田有莉は四ツ星学園を辞めたのか

指田プロデューサーが認める歌唱力、アイドルらしからぬ形相で犯人になりきる演技力、白鳥ひめに称賛されたドレスメイク力。それらを兼ね備えたオールラウンダーの芦田有莉。 物語の終盤、3年生の彼女は最後のS4戦に挑むことなく、四ツ星学園を去ってネオ…

「プロメア」誰にも背中を押されなかったクレイ・フォーサイト

燃えていいのは魂だけ、消していいのは炎だけ。「グレンラガン」は敵味方共に数多の命が消える物語でしたが、今回の「プロメア」は消えゆく命を救い出す物語でした。 主人公であるガロのレスキュー対象には、本作品の悪役であるクレイ・フォーサイトも含まれ…

「アイカツフレンズ」シャルルが統治するソルベット王国の未来は明るい

ソルベット王国の行く末 アイドル活動の再開を宣言したアリシアシャーロット。ソルベット王国編の結末について「アリシアが国を離れて大丈夫なのか」や「ブリザードの問題は解決していない」等の意見も出ていました。 ソルベット王国に問題が残されているこ…

「アイカツフレンズ」蜂谷千春は神を殺せるか

神話の終焉と宇宙の誕生 神話の要素を取り入れている本作品。その数は既に偶然とは言えない程になっており、スタッフが意識して入れたものと思われます。 女神ヴィーナスと縁の深いフィッティングルームの貝。 神城カレンが例え話に用いたイカロスの翼。 神…

時代の空気を読んでスカートめくりをしなくなった男性主人公達

槇村香「時代の空気読まんかい!」 セクハラに対して世間の目が厳しくなった平成の時代。「シティーハンター」の連載が開始した昭和の時代と比べて、女性を不快にさせる性的な表現は抑えられてきました。 子供の下着は下着にあらず 上の話を聞いて、まだまだ…

「アイカツフレンズ」日向エマに空気を読ませない蝶乃舞花

誰とも組まなかった日向エマ 「お姉さんに任せなさい」と先輩らしく振る舞う一方で、「エマちゃん」と呼ばせて対等に接してくれる日向エマ。 読書が苦手ではありますが、誰よりも空気が読める切れ者で、他者の心理を見抜く観察力は群を抜いています。それを…

緑はいらない子なんて言わせない

緑はいらない子。不人気の緑髪のキャラを指して、そういった風に呼ぶことがありますが、実際に緑髪のキャラは不人気なのでしょうか。まあ、そんな気がしなくもないのですが、あまり勝手な印象で語ることは宜しくないですよね。 この手の話は統計的なデータで…

「HUGっと!プリキュア」ハリーとリストルとビシンの輝く未来を抱きしめて

性別、年齢、種族の壁を取り払ってきた「HUGっと!プリキュア」。そうした型に嵌まらない作風だけあって、従来の女の子のドラマのみならず、ハリーを中心に巻き起こる男のドラマも濃密でした。 未来を求めるハリー、今を受け入れるリストル。過去にしがみつ…

カワイイは人を殺しても正義になるのか

己の心から生み出した世界と人間を身勝手に壊してきた新条アカネ。視聴者がアカネの罪を許しているのは、美少女に描かれているからだという意見が物議を醸していました。 アカネが人々に愛される外見をしていることは、1話の裕太と内海の会話から読み取れま…

「アイカツスターズ」白銀リリィと二階堂ゆずの永遠の絆

永遠。その時を表す言葉は作品の壁を越えて、アイカツシリーズのゴシックアイドルに受け継がれてきました。彼女達の在り方を語る上で「時」は切っても切れない関係にあるでしょう。 ユリカ「永遠に続く未来 今僕を照らせ」 スミレ「trois・・(永遠)甘い予感 …

「アイカツスターズ」世界をリアルに映し出す伊藤良太演出回

「アイカツスターズ」では21話、37話、49話、88話の絵コンテと演出を担当した伊藤良太さん。その演出の特徴として、世界の隅々まで丁寧に描写することが挙げられます。 一般的にアニメは主人公の物語を切り取って見せる為、それ以外の脇役の活躍は溢…

「SSSS.GRIDMAN」人を信じられない孤独な神様

ウルトラマンや仮面ライダーに代わり、メタルヒーローが脚光を浴びた時代に生まれた平成のヒーロー「電光超人グリッドマン」。 ジャンクの様に人々の記憶の隅に置かれていた作品が、特撮からアニメへ舞台を変えて新作「SSSS.GRIDMAN」として甦りました。 9…

更なるカワイイを求めて姿を変えるマスコット

キッズアニメの中でも女の子に向けた作品で活躍してきたマスコット。イケメンや美少女と同じく見た目が重視されている彼等も、視聴者の心を掴む為に時代に合わせてデザインを変化させてきているのではないか。 というまたどうでもいい疑問を抱いたので、今回…

バンダイナムコ決算からアイカツシリーズの今後を予想する

IR・投資家情報|株式会社バンダイナムコホールディングス 「アイカツ!」の売上は本当に悪いのか バンダイナムコの決算短信が発表されましたね。「アイカツ!」のグループ全体の上半期実績は、16億と前年同期実績の20億から約20%の減少となりました…

「アイカツフレンズ」ピュアパレットが生み出す奇跡の宝石

水と石の「アイカツフレンズ」 「アイカツ」を星と月と空の物語とするのであれば、「アイカツフレンズ」は水と石の物語。 本作は光り輝くアイドルを星に例えるアイドルものにしては珍しく、作品全体のイメージとして水を重視しています。具体例としては勇者…

プリキュアシリーズのOPは15年間で何を描いてきたのか

15周年を迎えるプリキュアシリーズのOP。子供に愛されることを念頭に置き、1年間も使い続ける予定で作ることから、チャレンジして奇を衒った歌詞や映像にすることはまずありません。 基本的に方向性は大きく変わったりはしないのですが、そうは言っても…

データから読み取るアイカツシリーズの人気曲

アイチューブで公開されているミュージックビデオの再生回数を調査してきました。集めたデータから再生回数が伸びやすい曲、伸びにくい曲の差など見てみましょう。グラフはアイチューブに投稿された順番で並べてあります。 100万回突破が常識の全盛期 最…

「幽遊白書」から進化した「HUNTER×HUNTER」のコマ割と構図

漫画を描き続けていれば、自然と技術が磨かれて画力や絵柄は変わる。それはコマ割や構図にも当て嵌まる話。冨樫義博先生は「幽遊白書」を描き始めた時には、基本に忠実なコマ割や構図が目立ちましたが、「ハンターハンター」の連載を開始した頃には、他の漫…

「アイカツスターズ」エルザフォルテの歌に込められた慈愛

道を照らす一番星と太陽 アイカツランキングを制する者はアイドルの頂点に立つ。決勝ステージでエルザフォルテが選んだ曲は「The only sun light」。対戦相手の虹野ゆめが歌った「MUSIC of DREAM」の対と言える曲であり、その歌詞にはエルザの生き様が表れて…

プリンセス願望が失われた女の子の物語を振り返る

リタ「女の子もヒーローになれる!」 キュアエール「男の子だってお姫さまになれる!」 プリキュア史に残る屈指の名言を生み出した「HUGっと!プリキュア」。19話では男の子はこうあるべき、女の子はこうあるべきという人の心を縛る価値観に対して、素晴ら…

「アイカツフレンズ」友希あいねの抱える心の闇は深い

視聴者がざわついた衝撃の告白回が放送されて以降、「アイカツで一番重い女、ピュアパレットのピュアじゃない方」等の不名誉な呼び名を与えられてしまった湊みお。 ラブミーティアオタクで友達の少ない彼女は、人との付き合い方があまり上手ではなく、まだま…