アニメごろごろ

楽しんで頂けたらツイートなどしてもらえると喜びます。

「アイカツスターズ」世界を敵に回した騎咲レイの覚悟


勉強にスポーツにモデルと沢山の才能に恵まれながら、情熱も志も持たない所為で燦然と輝けない騎咲レイ。天才である彼女の唯一の欠点は、精神面に由来するものでした。レイには本当の自分を曝け出さない臆病な側面があり、その一端は60話「密着!エルザフォルテの世界」において垣間見えます。

レイは番組の取材の一環として、ゆめからエルザに関するインタビューを受けるのですが、その際に自分とエルザの過去話をあるモデルの話に置き換えて答えています。この時、ゆめはレイに尋ねているのですから、本来なら架空の人物の意見ではなく、自分自身の意見として返すのが筋ですよね。

もしも、レイがシューティングスターであることを隠したいだけなら、その名前を会話で使わなければ済む話。わざわざあるモデルの話なんて言い回しをする必要はありません。

何処の誰かも分からない人の言葉にせず、自分自身の言葉としてエルザに惹かれた理由を熱弁した方が、その魅力は説得力を持って周囲に伝わる。それなのにレイはエルザへの愛を悟られたくないのか、自身の過去を自慢話に思われたくないのか、人の目を気にして嘘を吐いてしまいます。

エルザの魅力を第一に伝えるより、自身の体面を保つ方を選んだレイ。その様に本心を隠してしまう性格なので、ゆめからエルザが大好きであることを見事に言い当てられると、動揺して何とも言えない表情になるのでしょう。

素直に感情を表現する。それはきららにあって、レイにないもの。己を偽るレイの話は暫く間が空きますが、このテーマは別の形で連続しており、翌週の61話「好きっ!て気持ち」ではあことかなたの話を通して、誰かを好きになる心は恥ずかしいものではないと語られています。



2つの太陽に導かれて
臆病者のレイ。その姿は64話「星に願いを」で再び見る事が出来ます。エルザはレイの才能を開花させる為に連れて来たつもりでしたが、自分の思惑と反対に自分のサポート役に依存するばかり。

少し前までのエルザはレイに対して、きららと同じ様に優しい言葉をかけていました。ところが、64話からは輝く事を諦めたレイに発破をかける意味で、段々と厳しい言葉が増えてきます。

エルザ「あなたも私の側にばかりいないで、やりたいことをやればいいのに」

エルザ「私には大切なことから逃げてるように見えるわ。本当に私の為を思うなら、自分のやるべきことをやりなさい」

エルザ「あなたには圧倒的に足りないものがある。これ以上、私を失望させないで」

エルザがシューティングスターとしての活動を強引に再開させても、レイの冷めた心に火は灯りません。エルザの期待に応えるべき場面で、彼女の目的も理解していながら、以前と変わらずレイの瞳に光は宿りません。七夕祭で見せた表情が、彼女の情熱に欠けたアイカツを端的に表しています。そこまで消極的な態度を取るようになったのは、星のツバサを手に入れたエルザに魅了されてからでした。

レイ「エルザを輝かせることに喜びを見出だし、遂に自分自身が輝くことを諦めたんだ」

レイ「共に輝くことなど出来ないんだよ。とびきり輝く星の下では、どんな星だってくすんでしまう」

ゆめ、ひめ、エルザという圧倒的な力の前にクールタイプのローラは正面から立ち向かい、ツバサは女優の世界へ羽ばたきましたが、レイは屈して忠誠を誓いました。自分程度の人間がエルザの側で輝いたところで、太陽の如く輝くエルザの前では何の役にも立たない。その様に思い込んでいる節がありました。そんな弱気なレイの心を動かしたのは、夜空に追い付きたくて走り続けた真昼のステージ。

夜空は真昼の一番星、真昼は夜空の一番星。憧憬を力に換えて共に次へと進み続ける香澄姉妹の関係がレイに影響を与え、そして78話「ようこそ、パーフェクトマザー!」でレイにとって最大の転機が訪れます。そこではパーフェクトで他者を求めない様に思えたエルザが、年相応の子供らしく母親の愛情を求めていた事実が明かされます。エルザが一瞬だけ覗かせた太陽の陰り。

長い間、燻り続けるレイの心に火が付いた契機は、パーフェクトなエルザが見せた弱さ。プリンセスの夢を守る為に力を尽くすレイの生き方はまさにプリンス。自分の為には歌えないとしても、愛する人の為になら歌える。それが騎咲レイの生き方なんですよね。守るべきものがあるから強くなれる。そして彼女は遂に80話「騎咲レイの誓い!」でロイヤルソードを立ち上げます。



シューティングスターの鎧
さて、ここで話を先に進める前に、先程述べたレイの性格を踏まえた上でシューティングスターについて考えます。顔を隠し、本名を隠し、性別も不明のシューティングスター。彼女はスカート姿の写真を普通に載せていながら、不思議にも世間から女性と思われていませんでした。

この件に関しては若干の疑問が残るのですが、多分私達の住む国よりも価値観の多様性が認められているのでしょう。スカートを履いている写真程度では、モデルの性別を特定する根拠には成り得ない。そういうことなのではないでしょうか。

謎に包まれた伝説のモデル。この設定はシューティングスターを売り出す人達が話題性を意識して立てた戦略の可能性も考えられますが、もしもレイが希望して正体を隠していた場合の意図は一体何でしょうか。レイの本心を語らない性格から推察するに、シューティングスターの名は保身の意味があるのではないかと思います。

本名を公開すればファンやマスコミが、時間も場所もお構い無しにトップモデルのレイを追い掛け回す。そういう事態は十分に考えられますよね。引退しても接触を試みる人が後を絶たないというのは、前作「アイカツ」でも描かれていたので有り得る話。

正体が知られてしまえば、街を歩く時も周囲の視線を意識するプレッシャーに晒されますし、元々周囲に勧められてモデルを始めたレイの立場からすれば、そこまでのリスクを負ってまで取り組む仕事ではないでしょう。

モデルとは時に人々の生き方のモデルでもあり、真昼とファンの関係を見ていれば分かる通り、仕事は撮影現場やファッションショーで衣装を着てポーズを取る他にもある。例えばモデルのマナーが良ければ、感化されたファンのマナーも良くなりますし、その社会的な影響力は決して小さくない。モデルの私生活が度を超えてだらしなければ、CMのイメージダウンにもなりかねません。

モデルの仕事に愛着を持たないのであれば、素顔を晒して広範に活動することは、将来に渡り自身の生活を束縛するだけ。リスクとリターンがまるで釣り合わない。その問題を解消してくれる正体不明のシューティングスターは、言ってみればレイを守る鎧。

仕事が楽しいと思えなくても、素性を伏せて作り物の笑みを浮かべていれば、周囲に褒め称えられるだけで失うものは何も無い。鎧を着て本当の自分を欠片も見せていないからこそ、シューティングスターは常に強く傷つかない。その辺は「裸足のルネサンス」でも語られていますよね。

「強くあるため守ったのは感情の動きを消すことだった」

「燃え上がる情熱ためらわないでいい。この世界を素手で触りたい」

上述した様にレイが面倒な嵐を避ける人物だと知った上で、ブランド発表会の恐ろしく長い台詞を聞くと、そこに込められた燃え上がる情熱に魂が震えます。大勢の記者も参加する場所で、ファンの期待を裏切り、エルザへの愛の告白を始める。

昔のレイなら絶対に言わない台詞ナンバーワンかもしれません。鎧で身を守り続けたレイにとって、人前でロミオの様に高らかに愛を歌い上げることは、相当な覚悟が必要だったでしょう。

ファンの為にステージに立つ事を考えないで、愛する人の為にステージに立つ。ファンを蔑ろにすることも厭わないアイドルらしからぬレイのアイカツ。初対面の相手に失礼な発言を繰り返してきたエルザも、流石に空気を読んで公言してこなかった問題発言の連発。それをレイは批判も恐れず堂々と言ってのけました。

これにはエルザが前代未聞のブランド発表会と呆れるのも納得。レイの愛する人に全てを捧げるというのは、エルザがユキエに言いたくても言わないでいたことですからね。エルザはレイの無謀な行動に呆れてはいましたが、同時に嬉しくもあったのでしょう。レイに対して冷たく接していたエルザの表情にも笑みが戻ります。

「鎧を脱いで闘っても傷つけられることなどない」

「誓おう努力惜しまない。素顔の時も油断しない」

身を守るシューティングスターの鎧を脱いでも、エルザの為に命を懸ける覚悟を決めたレイは傷付かない。騎咲レイとして素顔で人前に立つ以上は、街を歩く時も常在戦場の精神が不可欠。今後はアイドルを引退しても逃げ場が残されていません。

鎧を脱ぎ捨て裸足になって、徹底的に自分を追い込む。エルザへの依存などの安易な言葉では、とても言い表せない激しい生き方。レイの覚悟を認める様に、星のツバサは姿を現します。



過去を乗り越えた先にある未来
エルザとヴィーナスアークに全てを捧げたレイ。最終回で彼女は再び髪を伸ばし始めました。ワールドアイカツカップで見せた姿は、昔のシューティングスターそのもの。「裸足のルネサンス」の歌詞から察すれば、その姿には過去と向き合う意味が込められていると思われます。

「今、私に戻った。答え見つけ出した凱旋」

「頬、薔薇の色が染める。前へ進もう一歩踏み出す。あなたと共に」

エルザに導かれて過去を捨てる様に髪を切り落とした騎咲レイ。一時期は輝く事を諦めてエルザの秘書の立場に逃げましたが、真昼達に感化されてエルザの楯たる騎士へと生まれ変わり、エルザが育てた生徒達の道を切り開く光の剣となり、そして船旅で成長した彼女は故郷のニューヨークに凱旋する。今、私に戻った。

その後はアメリカ代表としてワールドアイカツカップに出場を決意。出場の動機は昔も今も変わらず、根本的な部分ではエルザの為であると思います。もしもアイカツランキングの時と違う点があるとするなら、それはきっとエルザに仕える騎士として戦うのではなく、エルザをよりパーフェクトにするライバルとして共に戦う事。

ゆめとローラ、真昼と夜空の様に競い合う。レイがエルザに負けない位に伸ばしたアイドルの格を表す長い髪、そこにはレイの再生と成長の意味が込められているのでしょう。

アイカツランキングの後半から本格的に参戦したにも関わらず、決勝トーナメントに3位で進出する実力者のレイ。ヴィーナスの生徒達が練習に参加するのを待たず、自身のアイカツに全力を注いでいれば、準決勝でゆめにも勝てたと思っています。そんな才能に溢れるレイが本気を出してエルザに挑む姿は是非とも見てみたい。

taida5656.hatenablog.com