アニメごろごろ

楽しんで頂けたらツイートなどしてもらえると喜びます。

2017年個人的に好きなアニメOP


この素晴らしい世界に祝福を!2 TOMORROW
映像が一本の物語に仕上げられているOP。前期のカズマは爆弾岩の特性を知らずに吹き飛ばされ、めぐみんのエクスプロージョンに巻き込まれるなど散々な有り様でしたが、今期は爆弾岩を上空への移動に利用しており、冒険者としての成長が感じられます。

爆風で上に飛んで下に落ちるダイナミックな動きは見ていて楽しく、飛行能力者がいるということもないのに、この様な空を用いた映像を作れるセンスは素晴らしい。余談になりますが、爆弾岩を叩いた後にキャラがアップで映されるシーンは、絵コンテの段階では影も形も無くて驚きました。



ゲーマーズ! GAMERS!
単純だけどやめれない。懐かしいゲームのパロディの数々が流れる映像はオタクならついつい見てしまう。OPで絵コンテからアクション作画監督まで務めた中山竜さんは「Fate/ Apocrypha」のアキレウスケイローンにも参加された期待の若手。どんなタイプのアニメーターなのかは、後半の派手な戦闘シーンを見れば考えるまでもないでしょう。OPを繰り返し見ている内に薄々気が付いている方もいるでしょうが、これは映像を楽しんで貰う為かスタッフクレジットの表示時間は他と比べて短いです。

ところでドラクエパロディの全滅画面で書かれた各キャラの職業を表す一文字、勇者の「ゆ」と魔法使いの「ま」と武道家の「ぶ」までは一瞬で読み解けましたが、「て」で始まる職業に関しては見当がつきません。ガチゲーマーで完璧な天道可憐は既に全職を極めてしまい就くべき職が無いから、職業名の代わりに自身の頭文字である「て」が書かれていたりするのでしょうか。



僕のヒーローアカデミア ピースサイン
前期OPでの緑谷は無個性という劣等感を抱えて、下ばかり向いて生きていました。しかしオールマイトの力を受け継ぎ、ヒーローの道を歩み始めた今は違う。今期OPでは緑谷は澄んだ瞳で空を見上げ、表情にネガティブな感情は欠片も見られません。この変化にぐっときます。さて一般的にバトルアニメのOPにおける見所と言えば、サビの部分で激しく動き回るキャラ。「ヒロアカ」も少年漫画らしく例に漏れませんが、それ以外にサビに入る迄の雰囲気も魅力。

OPの前半はサビから始まる戦闘に向け、生徒達の準備運動が淡々と流れる地味な映像ではあるものの、その何も起きない静寂に包まれた世界が、これから始まる戦闘に向けて意識を研ぎ澄ませるキャラの様子を強調して、張り詰めた空気を破ってサビに突入した時のインパクトを何倍にも高めます。抜群に巧い静と動の使い分け、それをよりよく魅せる光と陰の使い方が見事な映像でした。



アイカツスターズ! MUSIC of DREAM!!!
S4のゆめ、真昼、あこの間に並び立つ幹部のローラ、小春。赤色や黄色で着色されたS4の隣に青色や紫色で着色された幹部が加わる。それによって色相差が大きく映える画が生まれる。仮にあこが幹部でローラがS4になっていたら、ここまで美しくはならなかったことでしょう。髪の色も長さもS4と幹部で綺麗に分かれているのを目の当たりにすると、最初からこの構図を想定して各キャラがデザインされたのではないか。そんな錯覚をしてしまいます。

意味ありげに夜空に浮かぶ満月を力を込めた瞳で見つめるひめ。何の為に海外に旅に出たのか、どうしてアリアを日本に送り込んだのか、謎が多い彼女の目的が明かされる日は果たして訪れるのでしょうか。OPで唯一夜の世界に描かれているひめ。満月は太陽の光に照らされ輝くものであり、エルザが太陽のドレスを誕生させた今こそ、ひめが満を持して参戦するのかもしれません。



ネト充のススメ サタデー・ナイト・クエスチョン
椅子に座りグルグルと回り続ける森子。その様子は仕事を辞めてニート生活から抜け出せない現在の彼女を端的に表しています。ネナベのニートであることを知られたくない森子は、リアルの方で面識のある小岩井と藤本から逃げるように走り回る。自分の顔を隠す為に鏡を人に向けても、自分の本性を映す鏡と正面から向き合う勇気は足りない。時に林を森に隠してというHNと本名を用いた歌詞にあるように、OPでは現実を直視しないで逃避する森子が描かれます。

ただしいつまでもそのままということはない。後半から森子は回り続ける椅子から降りて、新しい扉を開けようと動き出します。その扉の先に何が待ち受けているのか、もしかしたら働いていた時みたいに苦しい目に遭うかもしれません。フラッシュバック的に挟まれる過去の森子のカットが不穏な空気を感じさせますが、それでも椅子に寄り掛かることなく、自分の足で立ちながら前を見つめる森子。その姿は思わず応援したくなってしまいます。