アニメごろごろ

楽しんで頂けたらツイートなどしてもらえると喜びます。

「アイカツスターズ」睫毛でも差別化を図るオシャレなキャラデザ

アニメキャラの描き分けは主に髪色と髪型に変化を与えて行います。それ以外にも垂れ目か吊り目かといった眼の形でもデザインを変えますが、そこからさらに睫毛まで変えた「アイカツスターズ」。

右にならえの睫毛ではつまらないと主張するように、何種類もの睫毛が用意されています。下に用意した参考画像には含まれていませんが、4月から始まる新シリーズに登場するエルザときららの睫毛もこれまでとは異なるようです。


長く鋭い棘の様な睫毛が特徴のクールタイプのローラとツバサとリリィ。何本もの細い睫毛を持つポップタイプのあことゆず、セクシータイプの小春と真昼と夜空。睫毛の本数が少ないキュートタイプのゆめとひめ。

主人公のゆめは毛先が丸いという唯一無二の個性を与えられています。まあ正確に言えば彼女の母親や南の島の伝説のアイドルもそうなんですけど。

睫毛の描き方は大まかにキュート、クール、ポップ、セクシーといったアイドルのタイプにより分けられています。そういえば「アイカツスターズ」ではメインキャラの名前の表記がひらがな、カタカナ、漢字のどれになるのかもキュート、クール、ポップ、セクシーのタイプで決められているみたいですね。

これも睫毛と同様にアイドルから受ける印象を左右する重要な要素、例えば「よぞら」と「ヨゾラ」と「夜空」は音で聞けば同じですが、文字から受ける印象は違いますからね。この細部に対する拘り方は素晴らしい。


次にサブキャラとモブキャラを見ていきます。メインキャラの美貌を引き立てる為に一般人など脇役は睫毛を表す線が少ない傾向が見られます。中でもリリィを除いた四ツ星学園の幹部生はその傾向が非常に強く、設定的には四ツ星学園のトップに君臨するS4の次に凄いはずなんですが、睫毛的には名も無き通行人にも劣る。

メインキャラみたいに眼の縁から長く細い睫毛が描かれていません。S4を支える幹部生が視聴者視点で綺麗に見えてしまうと、S4の格が相対的に下がる恐れもあるので、あの幹部生の地味なデザインは恐らくそれを避ける策なのでしょう。

美少女が沢山いるアニメでは視聴者が魅力を感じるデザインを追求した所為で、全員が最も美しいと思える画一的な美少女の型にはめられてしまい、外見的に差が無い事も多いですが、「アイカツスターズ」はそうならない様に意識されていますね。

個人的に凄い好きなキャラデザで、視聴している理由の半分がそこにある気はしています。初めて見た時から心を奪われていて、自分でも何故そこまで惹かれたのか分からなかったのですが、キャラデザを担当した愛敬由紀子さんが「アクセルワールド」のキャラデザも担当していたと聞いて納得がいきました。あれが好きなら「アイカツスターズ」も好きになるのは当然の反応、テレビ版は言われてみれば似てる程度でしたが、劇場版は眼の描き方がとても似ていました。

「アイカツスターズ」エルザフォルテへ湧き上がる想いを込めて - アニメ見ながらごろごろしたい

女児向けアイドルアニメと男性向けアイドルアニメから見える美少女のデザイン - アニメ見ながらごろごろしたい

「アイカツスターズ」安藤尚也演出回の光り輝く撮影処理 - アニメ見ながらごろごろしたい

アニメと原作のキャラデザが似ているかどうかは些細な問題 - アニメ見ながらごろごろしたい